台本がくれたもの

学校生活に何の魅力も感じず、流れに任せて毎日を過ごしていた中学3年生 小野山恵太は、ある日、事故で後輩をけがさせてしまう。
その彼の代役として演劇部に助っ人に行くこととなり、3年で初めて部活動、というものに参加することとなる。
部のムードメイカー・五十嵐舞子や、部長の永久香苗など、部内のいろいろな人たちに助けられながら文化祭で上映する演劇の練習をする恵太。
しかし、そこで彼は今までぶつかったことのない問題と直面する…。
どこかで誰かが味わってる、少し懐かしい青春物語。